TOEICは就職に有利でしょうか。

TOEICとは、合否ではなくスコアで評価されるテストで、自分の英語力を客観的に把握することができます。
スコアの評価は、評価される水準を一定に保つために統計処理が行われます。
試験を受けることは、自分の今の英語能力を正確に把握したり、目標を設定したりするのに役立ち、個人での活用だけでなく、企業や官公庁、学校などでもこのテストの結果を採用しています。

企業では自己啓発の一環として受けさせたり、英語研修として、また、採用試験時の新入社員の英語能力を測定することに利用されており、ある会社では、昇進や昇格の要件などとしても活用されています。

それだけにとどまらず、就職の時にも英語のスキルを求められますし、学校現場では、英語課程の単位認定基準や推薦入試基準として活用している学校もあります。

現在の日本の企業はグローバル化が進み、アジア各国やその他の海外市場を獲得できなければ、業績の大幅アップは望めません。
そのため、企業採用する社員に対して、求める英語力が上がっています。

そのような状況のため、TOEICの点数が自分のキャリアにとってプラスになることは大いに期待できます。
企業が求めるTOEICの点数は数年前は600点程度でしたが、現在は650点から700点程度にまで上がってきています。

小学校から英語教育を受けている世代や、授業を全て英語化している大学もあり、年々企業から就職の時に求められる英語のスキルは高くなると考えられます。

今後、英語力は必ず必要なスキルになります。
できると優位なのではなく、できて当たり前の時代に移りつつあるのです。

日本人は英語に対して苦手意識を持つ人が多いですが、その中で高いスコアを取る人材であれば、その分だけ有利に働きます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ