TOEICの試験日程と受験までのスケジュール

日本でも一般的となってきている英語のコミュニケーション能力評価テストTOEIC(トーイック)は、年10回(2月・8月以外の毎月)の試験日程で行われています。
ただし、全国すべての受験地で年10回試験が実施されるわけではありません。

都心部ではほぼすべての日程で受験できますが、地方では年2回しかない受験地もありますので、事前に調べておく必要があります。
公式HPなどで希望の試験日程を確認したら、次は受験の申し込みです。

実施日や申込方法によって、申込期間が決められており、以前は申込書による申し込みもできましたが、2013年3月を最後に終了しています。

現在は、インターネット、またはコンビニ端末での申し込みのみで、インターネットでの申し込みには、TOEIC SQUARへの会員登録(無料)が必要ですが、リピート受験割引や申込受付の開始、また、締切が近づいたことをメールでお知らせしてくれる機能などが利用できます。

申し込みと受験料の支払いが終わると、試験日の約2週間前に受験票が届き、その際に受験会場が指定されます。
会場までの交通ルートや所要時間を調べ、余裕をもって試験会場へ到着するようにしましょう。

試験当日の持ち物は、受験票、証明写真、運転免許証や学生証、パスポートなど写真付の本人確認書類、筆記用具、腕時計で、携帯電話は時計として使用できません。

試験中に時刻のアナウンスはなく会場に壁時計などがない場合もありますので、腕時計は忘れずに用意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ