TOEICで就職や転職にメリットのある900点を取得する

TOEICは、世界各国共通の英語能力を測る試験です。
外資系の企業ではもちろんの事、今では多くの企業が英語力を兼ね備えている人材を求めています。
そのため、応募基準として一定のスコアを求める企業が増えています。
また、海外へ留学する際、大学入学基準としてある程度のスコアを定めている大学も存在します。

近年、企業のグローバル化が進み、海外へ事業展開する企業が増加傾向にあります。
そういった、グローバルな企業への転職を希望する場合には必須と言ってよい程、英語力が求められます。

大学を卒業し、海外経験などがない人が試験を受けると、500点から600点前後の点数が見込まれますが、このような平均的な点数では、就職や転職の際に自己アピールする強みにはなりません。

やはり、他者より自分には能力があると印象付けるためには、850点から900点は必要になります。
900点程の点数があれば、企業に就職し、問題なく英語での業務をこなせると判断されます。

但し、TOEICのテストにはスピーキング力を測るセクションがなく、書店で販売されている対策本や攻略本を学習し、テストのコツさえつかめば高スコアを取得することは可能です。

中には高スコアを持っている人でも全く英会話力がないという現状もありますが、就職や転職の際に英語力を測る基準として、いまだTOEICでの高スコアは有利と言えます。

就職後は、努力次第で会話力は身につきますし、日々の生活の中、常に英語を耳に入れる環境作りを心がけることで、会話力は上達していきます。
まずは900点を目指し、書類選考の時点で他者より優れているという事をアピールしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ