e-ラーニングを使ったTOEIC対策講座とはどのようなものか

TOEIC対策講座を受けるには、英会話教室や資格スクールに通う方法と、通信講座やe-ラーニングを使って自宅で学習する方法があります。
中でもe-ラーニングを用いた学習は、個人で活用することはもちろん、企業での内定者研修や新人研修で用いられることもあり、近年様々な教材が発売されています。
e-ラーニングでは、どの教材でも基本的に目標スコアごとにコースが分かれていて、目標に沿ったカリキュラムが組まれています。

カリキュラムとしては、単熟語演習や例文演習、動画やアニメーションによる映像演習、模擬試験などを、理解できるまで繰り返し学習することが出来ます。

e-ラーニングでは、パソコンを利用しインターネット上で講座ページを受講する学習になるため、今までは持ち運びが難しいと考えられていましたが、現在ではタブレットやスマートフォンと連動させ、いつでもどこでも学習できる教材も登場しており大変便利になっています。

これまでは個人ベースの学習となるので、教師や学習者同士の交流の機会が限られ学習意欲が維持しにくいのがe-ラーニングの弱点とされてきましたが、これを克服するためのサポートとして、担当トレーナーが随時質問対応してくれたり、受講者同士がオンラインの掲示板を通じて意見交換が出来るものも登場しています。

こうした効率的なe-ラーニングのプログラムで、自分のペースでトレーニングを進めてTOEICの試験に備えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ