TOEICリスニング対策の教材を使った勉強法とは

TOEICでは、リーディングよりもリスニングパートのほうが点を取りやすいと言われています。
そのなかで一番効果的な勉強法とは、「聴く力」すなわち「多聴」と「精聴」をバランスよく伸ばす必要があります。
「多聴」とは、量より質でたくさんの英語を聞き流し、大まかな内容をつかむことで、一方の「精聴」とは、一つの文章をじっくりと繰り返し聞いて100%の理解を目指す方法です。

どちらか一方だけを勉強をしてもスコアアップには繋がりません。
多聴・精聴のトレーニングには、英語リスニング教材を利用した学習が最適です。

インターネットや書店では大変多くの英語教材が販売されていますが、学習成果が表れる教材を見分けるには、自分のレベルにあった素材を選ぶことがポイントになります。

英語は積み重ねて習得できるものなので、背伸びをせずに自分のレベルと同じか少し上のものを選択しましょう。
勉強法として、まずは毎日継続して、短時間でも英語を聞くことが大切です。

そして、聞く英語は全く理解できないものではなく、ある程度理解ができるもの、スクリプトがあるものを聞くことから始めると耳が英語に慣れ始めます。

その後は何度も繰り返しながら聞いたり、英文の文法構造や意味をきちんと理解していくなど、自分に合った方法にしていくとよいでしょう。
英語はリズムが大切だと言われています。

TOEICのスコアアップのためにはリスニング力がとても重要なので、空き時間を有効に使いできるだけ多くの英語を聞くことで「聴く力」を身につけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ