600点を目指すTOEIC受験

社会のグローバル化が進む中、最近はTOEICの得点を就職・昇進・昇給などの基準として採用する企業が増えてきました。
TOEICは本来、英語のコミュニケーション能力を判定するテストですが、現在では、希望の企業に就職し、給料・ボーナスをたくさん貰うために受験する人が増えてきたのも事実です。
また、ビジネスに通用する英語力は600点が基準と言われており、評価を得るにはやはりそれ以上の得点を取る方が良いでしょう。

とはいえ、初心者が目標とするにはこの点数は少々ハードルが高く、点数アップの為にはある程度のポイントに集中して勉強する必要があります。
TOEICのセクションは、リスニングとリーディングの2つに分かれています。

この2つのうち、短期間で得点アップを目指しやすいのはリスニングセクションで、同じ時間勉強するならリスニングに費やす時間配分を増やしたほうが効果的です。

このリスニング力を鍛えるために何より一番効果的なのは英語に慣れることで、毎日少しずつでも英語を聞く時間を作ることでリスニング力は大きく変わります。

リーディングセクションは少し難易度が上がり、文法を中心に学んできた日本人にとっては得意分野とも言えますが、文法の基礎に不安がある場合はあらかじめ学習しておく必要があります。

リーディングセクションには問題分の先読みなど少しコツが必要なため、基礎的な部分や単語数は覚えておくことが重要です。

600点という点数はハードルが高いように思いますが、きちんとした対策を練ることと自分の弱点を把握することで、必ず到達・突破できる得点なのでチャレンジする価値はあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ