TOEICで500点取るための勉強法

ビジネスや就職試験で必要な英語力を証明することが出来る資格としてTOEICは最適なテストです。
そして近年では、ますます重要視されてきています。
このテストで500点を取るために必要なのは、会話を聞きとる能力をつけることと単語力です。

今はスコアを伸ばすための様々なスクールが開催されているため、自分のライフスタイルに合わせたスクールを選ぶことが出来ます。
近くにスクールがない、また忙しくて通う時間が無いという方には、通信教材で勉強することも選択の一つです。

英語のリスニング力やリーディング力を伸ばすためには、問題集をただひたすら解くような勉強法ではなかなか成果を実感出来ません。
何より英語力をつけるには、実際に英語に慣れていくことがとても大切です。

TOEICではスピーキングテストがあるわけではないので、英語を口に出しながら学習する人はあまり多くはいませんが、実際に手と口を動かし、舌をよく動かして滑らかに発音ができるようにトレーニングをたくさんすることは、TOEICテストでより良い点数をとれるコツと言えます。

その他では、自宅での勉強法としてテストのノウハウを知り尽くした専門の通信教材で文章を何度も繰り返し、その文章が頭に全部入るまで読み続けるようにします。

そうしていくうちに文章の中に出てくる単語を自然に覚えていくことが出来ます。
テストでハイスコアを取得するには単語力は必要不可欠です。

このようにちょっとしたテスト対策のコツをうまくつかみ、勉強していくことで、より点数アップをすることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ