TOEICでスコアを伸ばすために実行できる裏技

TOEICテストで高得点を取得するには、いくつかのポイントがあります。
テストは、リスニングセクションとリーディングセクション合わせて200問あり、所要時間は2時間となっています。
問題数が大変多いテストの為、いかにして素早く問題を解くかということが大変重要なポイントになります。

多くの日本人は、英語を聞いた時に頭の中で日本語に訳してから理解をしますが、この方法では2時間の中で200問を解答するには時間が足りなくなり、結果的に後半の問題で慌ててしまうことが多々あります。

まずは、英語で聞いた事は英語で理解するように学習することが時間短縮の第一のポイントです。
一問に費やす時間を少しずつ短くすることで、総合的に時間短縮になります。

また、単語力をつけることも重要です。
単語部分だけを訳すだけで大体の内容を把握することが出来るようになるので、数秒ですが時間を縮めることが出来ます。

得点を上げるためには英語力を伸ばすことが最も有効的ではありますが、他にもポイントがいくつかあります。
テストの回答方法はマークシート式になるため、筆記用具選びも大切です。

少しでも時間を短縮するには、シャープペンシルのような細く折れやすい芯ではシートを塗りつぶすのに時間もかかり、余計な時間を使ってしまいます。
そのため、マークシート専用の鉛筆や専用の消しゴムなど、テストで使う筆記用具を賢く選ぶことも時間を有効に使うための裏技になります。

時間短縮することで、最終的に余った時間を見直しの時間に費やすことや余裕を持って解答することが出来るので、単純なミスの減少につながります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ