TOEICを受験する効果について

TOEICとは、英語によるコミュ二ケーション能力を総合的に評価する世界共通のテストのことで、合否ではなく10点~990点までのスコアで評価されます。
世界約150ヵ国で実施されており、世界共通の基準として活用出来る点が色々な場面で評価が高い要因です。
世界中で約700万人が、日本では約236万人が受験しています。

活用団体も、2013年には官公庁、企業、学校等3400団体が採用しており、現在では必須と言っても言い過ぎではない程一般的になっています。
点数が高くなればなるほど評価が高くなることから、企業では様々な要件や基準に活用しています。

例えば、自己啓発や英語研修の効果測定、新入社員の英語力測定、海外主張や駐在の要件及び昇格・昇進の要件等に利用しています。

TOEICの評価が高ければ、社内での人事評価も高くなる傾向にあり、また、学校では授業の効果判定や英語課程の単位認定基準、推薦入試基準等に活用されています。

企業同様に、その評価が高ければ単位認定がされ易くなったり、目標とする学校に推薦してもらい易くなったりとかなりのメリットがあります。
その他としては、受験することによって自身の英語力を客観的に見ることができ、一つの指標を得られます。

自身のスキルやレベルが分かり、ビジネスシーンでどの程度活用することが出来るのかが把握出来ます。

TOEICで高評価を得るのは簡単ではありませんが、あきらめずに努力すれば多くの点でメリットが期待されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ