TOEICで900点を取るには、何度も英文を聴いて英語に慣れる事が重要です

TOEICテストは、年10回全国80都市で実施されています。
受験者数は約236万人と、現在では実用英語技能検定やTOEFLと同様に、英語能力を測るテストとして知られています。
テストの内容は、聞き取り(リスニングセクション)が所要時間45分で100問、読解(リーディングセクション)が所要時間75分で100問です。

このテストで900点を取るにはどんな勉強法が良いのでしょうか。
リスニングの場合ですと、まず1つ目は、公式問題集に付属されているCDを何度も聴いて英語に慣れる事です。

繰り返し良質の英語を聴く事で、問題のスピードに負けない力が付きます。

2つ目は、問題は繰り返して読まれないので、答えだと思ったらすぐにマークする事で、後から迷っても、なかなか答えを導く事は難しくなってしまいます。
3つ目は、出だしを聴き洩らさない事で、英文の多くでは、結論が文章の最初に話されますので、ここに集中すれば得点率は高くなります。

リーディングの場合は、公式問題を何度も解いて、TOEICの問題に慣れる事が大切です。
更に、英字新聞を読んだり、Wikipediaの英語版など質の良い文章を読むと、文法的にかなり補強されます。

全体的には、模擬試験を最低1回は解いておく事やスピードに慣れる事、様々な単語を覚えて声を出して話す回数を増やす等があります。

TOEIC900点を取る為に重要な事は、何度も英文を聴いて英語に慣れる事と、公式問題を多数解いて問題のパターンを把握する事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ