TOEICのスコア600のレベルとは

英語のスキルアップをしたいと願う人が急増し、TOEICのテストを受験する人が多くいます。
このテストは世界共通の英語能力を測るためのもので、日本でも受験が可能です。
インターネットで申し込め、受験料はコンビニ支払いやカードでの支払いも行えるので、誰でも簡単に受験ができます。

日本にはよく知られている英語検定がありますが、これは級によって合否が通知されます。
しかしTOEICはスコアで評価され、主にリスニングとリーディングで英語能力を測ります。

テストはマークシート方式になっており、初心者や中級者程度のレベルで受けられるテストや、さらにスキルアップを目指す人向けのライティングテストもあります。

10点から990点までのスコアで通知されますが、就職などに役立つスキルとしては600が目安になります。

スコア600以上695以内とは、自分宛てに書かれた簡単な仕事上のメモを呼んで理解できたり、ゆっくりと話をしてもらえれば目的地までの道の順路を理解できるレベルです。

この位の英語能力があれば再就職や転職にも有利なスキルとなりますし、海外赴任も期待される人材と認められます。
また、営業部門でも企業が期待する人材と見てくれる所もあるでしょう。

さらに700以上となれば、企業では会議の案内や車内の文書や通達などが英語で書かれていても理解可能なレベルで、自分の仕事の説明も理解可能な能力であると見なされます。

まずは、世界共通で英語能力が測れるTOEICテストで仕事に役立つ600以上を目指し、そこからさらに上のスコアへと順序良く学習してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ