TOEIC990のスコアのレベルについて

スキルアップを目指す人は沢山いますが、最近は男女問わずキャリアアップを望む人が多く、特に英語を学びたいと思っている人は多くいます。
日本では日本英語検定協会が行っている英検と言われるテストがありますが、最近は英語のコミュニケーション能力を測るためのテストであるTOEICを受験する人が増えています。
このテストは世界共通の物差しとなっているテストで、英語能力でもコミュニケーションの能力を幅広く評価するテストになっていて、自己啓発や福利厚生の一環で取り入れている企業も増えているほどです。

テストは合格不合格ではなく、リスニングとリーディングの2セクションを足した10点から990点のトータルのスコアで表示されます。

2時間で200問とボリューム満点の問題量で、スピードと集中力が試される試験で、問題文はもちろん、説明も全て英語ですから、初めて受験する方は動揺する人も多くいます。

主にビジネスで求められるスキルは500点から730点のスコアを持っていると良いと言われており、500点台は簡単な英語の質問ができる、電車やバスの時刻表を見て理解できるといったレベルで、700点台になりますと仕事において社内文書や通達などが英語で理解でき、同時に仕事の説明も行えるレベルになります。

さらに990点は満点のスコアですが、このレベルになると議論を聞いて理解したり、専門分野の高度な内容も理解できると見なされます。

試験の問題200問全てパーフェクトでなければ満点取得になりませんが、それだけの英語力を持つ者として、就職や転職時などで良い影響を与えてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ