学校におけるTOEIC活用の現状

近年グローバル化が進む中で、学校教育の現場では世界で活躍出来る人材の育成に力を入れています。
その一つに英語の授業の強化が挙げられ、小学校では正式な教科ではない「外国語活動」として、3年生から週に数回実施されています。
この授業は各学校の判断で行われており、外国語に触れる時間を多くしています。

現在では、小学5、6年生は英語の教科が正式に導入され、中学生以上からは英語の教科は必修となっており、TOEICをはじめ実用英語技術検定やTOEIC等の英語のテスト受験を推進し、卒業までに検定試験の合格目標が決められている所もあります。

英語の授業に外国人教師が携わるのは当たり前になっており、課外授業や補習等も盛んに行われています。
参加者が多数である事から、生徒達も社会においての英語の重要さを肌で感じているのが伺えます。

英語の検定試験やTOEICは、上位の級や高スコアを取る事が出来れば入試や単位認定等に有利になりますから、塾でも勉強科目に選ぶ生徒が多くなってきています。

特にTOEICは、高スコアであるほど英語によるコミュ二ケーション能力が有るとみなされ、推薦入試に有利になったり、評定表に加点があったりと優遇されますし、受験の際には合否判定にも用いられる事があります。

また、留学のチャンスに恵まれる事もあり、今や英語教育は、学校だけではなく様々な現場で世界に通用する人材育成の為の重要な役割を担っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ