転職を、英語でのコミニュケ-ション能力を評価するTOEICで有利にする

我が国も国際化が進み、国内の企業は安い人件費を求めて海外に拠点を持つようになり、海外勤務をする日本人が増えています。
また、外国人が日本に来て勤務するケースも増えてきました。
そのため、英語を企業の公用語にしている日本企業も珍しくなくなり、一方で外資系企業の日本参入も増加しています。

海外との境界がなくなり、日本の国際化も進んできたと実感出来る状況です。
そのため転職するには英語が出来るということはかなり有利になり、さらには多言語出来ればもっと有利になります。

就職や転職活動で英語力を判断する材料のひとつにTOEICがあり、これはTEST OF ENGLISH FOR INTERNATIONAL COMMUNICATIONの略でト-イックと呼ばれています。

英検が日本国内の検定なのに対して、TOEICは英語のコミュニケーション能力を評価する世界基準の試験で、日本でも受けやすいというのも便利な点です。

また、英検などの検定と違う点として、合格、不合格で評価されるのではなくスコアが出され、リスニングと読解の2種類で試験が年9回あるのも特徴の一つです。

目標とするスコアが出るまで何度でも挑戦出来ますが、もちろん受験する度に受験料がかかります。

TOEICでハイスコアが取れれば、英語を必要とされる場面が増えている最近の企業環境から考えると、外資系だけでなく国内企業での転職にもかなり有利になります。

転職を考えている人は、こうした試験を目指して英語力を向上させ、自分のアピールポイントにすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ