TOEICの通信教材を購入する時の注意点

TOEICとは英語のコミュニケーション能力を検定する世界共通のテストで、10点から990点までのスコアで評価されます。
自分の英語力を知りたい人や就職に有利な点から、年間150万人以上が試験を受けています。
そんな人気のTOEIC対策には通信教材もたくさんあり、TOEICの通信教材は主に内容が2種類に分けられるので、自分の目的に合う方を選びましょう。

一つ目は高得点を狙う人の為の「対策特化型」で、テストに良く出る単語や文法の練習の他に、難問や写真問題のチェックポイント等のテクニックが満載です。

これは少ない勉強時間で高得点が期待出来ますが、あくまでも試験対策に焦点を絞っているので、実用的な英語力が身に付きにくいという点があります。

二つ目は英語力自体を上げる「英語力強化型」ですが、これはTOEICに限定せず、他の試験を受ける場合や実用的な英語を使いたい人に向いています。

主に文法の仕上げ方や、効率的な文法の訳仕方など、確実に英語力を身に付けてから試験に臨むタイプの教材なので、特に試験対策は含まれていません。
確実に点を取りたいなら、過去の問題集等で対策をした方が良いでしょう。

そして気を付けなければならないのが、どちらも基礎英語力がある事を前提にしているので、ブランクがある人や中学校レベルの英語力では通信教材は難しい場合があります。
教材にもよりますが、サポート掲示板や細かい情報提供等のサポートがありますので、勉強が不安な人はそれらを利用するのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ