自分の英語力の判定にTOEICの試験結果が参考になります

英語によるコミュニケーションがどれだけできるかを総合的に判断するテストにTOEICがあります。
TOEICは世界各国で幅広く活用されており、企業で新入社員の英語能力の測定や昇進、昇格の要件としての活用であったり、学校における英語課程の単位認定の基準や推薦入試の基準などに活用されています。
試験結果の判定の仕方はスコアによって5段階評価となり、英語力がどのくらいなのかを判断します。

レベルAはスコア860点以上からで、ふさわしい表現と正確に把握する力があり十分なコミュニケーションができると見なされ、レベルBはスコア730点~855点で、通常会話は完全に理解でき、応答も早く対応できる力を持っている、業務を行うにも大きな支障なくこなせると判断されます。

レベルCは470点~725点となり、通常会話であれば要点を理解して応答にも問題はなく、基本的な文法や構文は身についていると見なされ、レベルDはスコア220点~465点となり通常会話で最低限のコミュニケーションができ、相手にゆっくり話してもらうか繰り返してもらうなどすれば簡単な会話は理解できる目安です。

レベルEは220点以下で、単純な会話をゆっくり話してもらって部分的に理解できるが、コミュニケーションまではもう一歩と判断されます。

このようにTOEICの試験結果を参考にすれば、自分の英語力が実際の社会でどのくらい役立つレベルなのかを判断できますし、結果によってはアピールにも繋がります。

これからの国際化社会へ向けて、ぜひ一度TOEICを受験してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ