TOEICスコア基準で世界での英語力が分かる

一般的な検定試験や国家試験と違い、合格や不合格で判定しないのがTOEICスコア基準で、高いスコアを獲得している人ほど高い英語力がある評価になり、就職や転職、昇給や昇進に影響を与えます。
点数は最低スコア10点から最高スコア990点まであり、5点刻みで表わされ、更に点数をAからEの5つのレベルにランク分けしているのも大きな特徴です。

Eレベルは10点から220点までのスコアで、コミュニケーションが出来るまでに至っていないレベル、Dレベルは220点から470点のスコアで、通常会話で最低限の交流が行え、300点以下ですと英語が苦手だった大卒者レベルと判断され、英検でいうと5級程度になります。

また、450点は海外経験の無い大卒新入社員の平均で、海外旅行にて英語の標識が読める英検2級レベルと判断されます。

Cレベルは470点から730点のスコアとなり、日常のニーズに対応出来る程度で、500点で企業が新卒者に求めるスコアと言われ、600点になると海外旅行での買い物や食事のオーダーがスムーズに行えるレベルと判定され、700点になりますと、仕事や海外で最低限の交流が出来る国連英検B級程度と言われます。

Bレベルは730点から860点のスコアで、どんな状況でも素早く適切な返答や会話が出来るので、トラブルが起こっても対処するのに問題ありません。
そしてAレベルは860点から満点の990点のスコアで、日常会話や業務を英語で難なく行い、英検1級や国連英検A級程度と判断されます。

今後のグローバル社会で役立つTOEIC試験に挑戦して、自分の英語力を試してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ