TOEICに強い英語の教材について

TOEICテストを受験するにあたって、英語の学習法は色々あります。
スクールに通ったり、通信講座や書籍を購入しての学習の他、スマートフォンのアプリも多数出ています。
その中でも、書籍による学習は、手軽に選べて費用が抑えられる事や、学習に適した教材が多い事、目的に合わせて細かく分かれているといった利点が有りますが、あまりにも数が多く、何が良いのか迷う点もあります。

テストの対策本や参考書を選ぶ時のポイントとしていくつか挙げると、学習は短期集中で行うのか、じっくり行うのかを選ぶ事が大切です。
更に、自分の弱点を知って、今自分に必要なものを選ぶようにしましょう。

そして、最重要ポイントは模擬試験が収録されているかどうかで、ハイスコアを取るには、模擬試験を数多く経験する事が大切なので、これは必ず押さえておいた方が良いポイントです。

短期集中型の方にお薦めは、新TOEIC(R)テスト900点突破20日間特訓プログラムです。
CD3枚に収録された音声を使って、今まで体験した事が無い学習が出来ます。
じっくり型の方には、初めて受ける新TOEIC(R)テスト全パート入門がお薦めで、初受験には強い味方になります。

テスト形式の模擬試験問題が欲しい方にはTOEIC(R)テスト究極の模試600問がお薦めで、リアルな模試3回分を収録してある教材で、実力診断や弱点克服に役立ちます。

自分の弱点を把握して、お薦めした英語の教材を試してみれば得点アップが大いに期待出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ