家庭教師をつけて早稲田、慶應大学入学をめざす

東京六大学とは、早稲田、慶應、明治、法政、立教、東京大学の六校を称しています。
東京大学を除く私立大学の中では、早稲田大学、慶應義塾大学がトップレベルで、企業からも高い評価を受けています。

私立大学の中でも評価と人気が高い、早稲田、慶應大学などへの入学を目指して、家庭教師をつけたり、学習塾に通って早くから受験に備えている方も多いでしょう。

家庭教師とは、自宅などに出向いて小学生、中学生、高校生に、勉強を教えるプライベート教師的な存在です。

契約形態は、大学生がアルバイトとして生徒たちに勉強を教える個人契約や、プロの専業会社と契約して、その中から教師を派遣してもらうケースも増えています。

指導内容は、学校の授業内容を補習したり、希望する学校の受験対策用の授業をして、合格へ導くための勉強を教えます。

一方、学習塾は授業人数も少数から大人数と幅があり、結果成績をオープンにして受験に勝ちぬく意欲を高める指導を用いているところなどさまざま展開されています。

大人数での授業が得意ではなく、成績の順位をつけて評価されることが合わない生徒の場合、一対一で個人的に教えてもらえる家庭教師を選択する人も増えています。

また、現役の六大学の学生がアルバイトとして派遣会社に登録し、それぞれ在籍大学を希望する受験生を教えているケースも多々あります。
まずは、受験合格を目指して、それぞれの性格にあった方を選択できるように情報を収集することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ