多様化してきた家庭教師、「ジャンプ」とは

子どもを持つ10人の親に、「何か悩みはありますか」と聞いたとします。
その答えは、しつけの事、性格の事、学校生活の事など、それこそ多種多様にあると予想できます。
しかしその中で、10人全員から出る同じ悩みといえば、学習や勉強についてだと言えるでしょう。

子どもの学習の悩みを解決するために、親が子どもに与える事といえば、一般的には学習塾、通信教育、家庭教師などにより学習サポートを受けることです。

その中の「家庭教師」という指導方法は、いくつものイメージが浮かぶ事でしょう。
まず、個人で依頼する事もありますが、最近多くなっているのが派遣会社に依頼する方法です。
テレビCMや雑誌、新聞広告、電車の広告などで目にする機会も年々多くなっています。

そして親がそこに求めるのは、受験対策、定期テスト対策というような学習面の強化が挙げられ、現在では、今までになかった多様な条件や目的に合わせたものがあります。

例えば、「家庭教師のジャンプ」では、他社と同様の定期テストや受験対策だけではなく、「学校の授業についていけない」「勉強のやる気が出てこない」「学校に行くのが嫌になった」などの悩みに応じた学習コースがあります。

中でも、不登校の子どもには、不登校訪問専門員の認定を持つ教師が、不登校による学習低下を防ぎ、社会との接点をつなぐサポートをしています。
このような多様なサポート体制が増えてきた背景には、子どもたちをめぐる環境の問題が深刻化してきている事が考えられます。

そのため、このようなサポートは、現代の子供たちには大いに役立つ事でしょう。
多様化してきた子どもの学習環境を、一度見直してみる事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ