発達障害のお子さんには、適切な家庭教師を選びましょう

お子さんが授業に集中できず、学力が周りの子に比べて低い事に悩んでいるご家族はいないでしょうか。
自分のしつけが悪いのか、育て方に問題があったのか等、色々と悩む事も多いと思います。
しかし、育て方の問題ではなく、もしかすると発達障害なのかもしれません。

発達障害は、障害だと認識される事が少なく、注意散漫な子供、集中力のない子供として認識される事が多いです。
その為、親は自分の事を責め、子供は何故自分が注意されるのか理解できないまま育ってしまう事になってしまいます。

学力を向上させる為に塾に通わせたり、家庭教師をつけたりするご家族もいると思いますが、障害に気付いていない状態では、どんな対処法を行っても根本的な解決に至らない事が多いです。

まずは、お子さんの様子が周りとちょっと違うなと感じた時は、適切な医療機関を受診し、お子さんが今どういう状態なのかという事を知る事が大切です。
障害が分かった後は、その子に合わせた教育を行っていけば問題はないでしょう。

学力に関しては、発達障害をサポートしているNPOやボランティア団体等が家庭教師を派遣している場合があります。
障害に理解があり、どのように接する事が良いのかを熟知している人に任せる事が最良です。

そうでない人に依頼すると、子供にとっても自分を理解してくれないというストレスがたまってしまう事がありますので、学力維持の為には、適切な家庭教師に依頼する事が必要だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ