中学受験に合格するためのプロ家庭教師の役割

子どもには高学歴を身につけさせたいと親は考え、生まれた時から将来を考えるものです。
中学受験はそのターニングポイントのひとつで、首都圏では6~7人に1人の小学生が経験しています。
受験をさせる理由は各家庭によりさまざまありますが、それなりの勉強や学力が求められるとともに、親の協力は欠かすことができません。

塾の送迎から、学校入学説明会や願書の提出、勉強時間のサポート、健康管理、試験当日、合格までは親の出番の比重の方が大きくなっています。
小学生のうちから塾通いはいらないなどいう時代ではなく、学校の授業だけでは受験は不可能なので塾通いは当たり前です。

さらに、塾での勉強や宿題を補うため、あるいは塾通いの時間を省略させるためにプロ家庭教師が求められています。
プロの家庭教師といっても何か特別な資格があるわけではありませんが、親が家庭教師を選ぶ時に重要視するのは、教師の学歴や指導実績です。

中学受験専門プロ家庭教師を派遣する会社もたくさんありますが、志望中学校受験の勉強方法など学習面ではもちろん、精神的なアドバイスやサポート、塾のカリキュラムに精通し効率的な学習プランを提供できる受験に精通した教師が求められています。

家庭教師を選ぶ際、派遣会社から紹介を受ける方法と、個人的に教師本人と直接契約する方法があります。

個人契約の教師は当たり外れがあると言われていますが、プロの家庭教師派遣会社に依頼する場合、中間マージンの発生で料金が割高となりますが、教師自身が研修を受けたり、会社で統一されたノウハウを学んだりしているので、質やレベルという点で安心感があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ