家庭教師との契約でトラブルを回避するには

子どもの学力アップや受験の手助けとなる家庭教師は、一般的な塾と比べて個人的に学習を教えてもらえます。
マンツーマンですので、その子の進捗に合わせてもらえるのと、分からないことがあれば質問がしやすい点が魅力です。
ただし、塾よりも価格が高い場合もあります。
また、相性がよい講師を探さねばいけません。

講師を派遣している会社や直接個人契約を結ぶ場合などたくさんありますので、インターネットでおすすめのランキングなどで情報収集しておくとよいでしょう。

実際、契約後にトラブルが起こる場合もあります。
特に料金面では、初めは授業料のみだと思っていたら高額な教材を買わされたり、授業料を一括で支払わねばならないケースが見られます。

他には、何らかの理由で途中解約を希望したのに断られたり、その派遣会社自体に連絡が取れなくなったという事例も存在します。
また、講師との相性が合わず、変更したい時にできなかったという問題もあります。

これらのトラブルを回避するためには、慎重に契約を結ぶことです。
その際に確認しておきたい点がいくつかあります。

まず、契約書をよく確認することで、広告や電話での初めの説明内容と実際相違している点はないか確認しましょう。
特に料金面では、一括でしか払えない、または初めに授業チケットをまとめて購入する場合、途中解約が可能か、返金可能かの確認が必要です。

また、会社でのサポートする体制が整っているかも重要で、何かあった時に相談できる担当者がいれば家庭と講師のコミュニケーションもとれるので安心でしょう。

1対1の授業ですので、講師と合わなかった場合の対応はどうなのか、しっかり確認しておくことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ