学習パートナーとして選ぶ受験塾家庭教師のポイント

受験といえば以前は高校受験と大学受験がメインでした。
しかし昨今では、大学進学を見据えた教育カリキュラムや進学率を考慮して、早い場合だと小学校か中学校から受験する人が増えています。
また、受験を勝ち抜くためには学校の授業だけでは困難で、志望校合格には、通塾が必要不可欠といってもよいでしょう。

その塾も以前は集団授業スタイルが普通でしたが、現代では集団から少人数制へ、少人数制から個別指導へと様変わりしています。
塾の種類、および数も増え、ほとんどの塾が受験対策を行っています。

一方で、通塾ではなく、先生に自宅に来てもらう家庭教師があり、以前は大学生にとって高時給アルバイトでした。
しかし現代では社会人のプロ家庭教師がいて、以前とは異なりプロではないほうが珍しいほどです。

それぞれメリット、デメリットがあるのは当たり前ですが、いずれもその地域に特化した受験対策や指導特色だけでなく、受験データも持っています。

そのため、我が子の受験を勝ち抜く際の学習パートナーとして、まず受験塾家庭教師、通塾させるか自宅まで先生に来てもらうか、どの受験塾かどの家庭教師か親は迷うことでしょう。

たいてい広告にはどこの高校、大学合格何名と合格率の高さが書かれています。
親はその合格率の高さに優先度をおきがちですが、重要なのは我が子に合う先生か、我が子にあった学習方法や指導をしてくれるかなどでしょう。

もちろん、無料ではないため経済面も十二分に考慮する必要があることは否めません。

しかし、勉強をする張本人である我が子の志望校合格という目先の目標だけではなく、最終的に我が子が学校生活と両立しながら、自ら進んで考え解くことのできる「自学学習能力」をいかに養うことができるかが大きなポイントでしょう。

そのためには親も我が子の希望をしっかりと聞きとり、各学舎の指導方法を理解して選ぶとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ