塾と家庭教師との違いを考えてみよう

塾に子供を通わせて勉強させる方法もありますが、最近では、家庭教師に依頼して一対一の、マンツーマンで勉強を教えてもらう方法を選択する保護者も増えています。
塾は大人数の生徒を相手に教えているため、自己主張が苦手な子供にとっては、なかなか分からない事柄についての質問をぶつけることが難しく、学力につながっていかないケースもあります。

しかし、家庭教師は常に目の前の生徒に集中して教えてくれているため、自然と子供も先生を信頼するようになっていきます。

保護者、生徒、そして教師がともに信頼関係を持てると、目指していた学力に少しでも近づきます。
また、塾の場合は終わる時間が遅い時間になることもありますが、その点、家庭教師は自ら出向いて来てくれますので、保護者も安心出来ます。

一般的に塾の講師の方がレベルが高いとも言われていますが、最近では家庭教師のレベルも塾講師並みにアップしていますので、教える面でみても頼れます。

塾では、やはり大勢の生徒を受け持っていますので、実績や信頼が何より重視されています。
そのため、塾を判断する目もシビアになりがちです。

確かに、子供をせっかく塾に通わせたのに学力がついていなければ意味がありません。
ですから、塾に何より求められるのは、塾講師のレベルということになります。

また、家庭教師も同様に実績など求められますので、教師のレベルも常に向上を心がけています。
志望校に合格するために必要な学力を身につけられるのが、塾や家庭教師を利用した学習です。

それぞれにメリットや特徴があるので、子供や環境に合わせた学習方法を選択すると学力は向上していくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ