家庭教師の良いところは個別指導が充実しているところ

生徒が学校での勉強の補充に受ける授業には、学習塾、通信教育、家庭教師等が考えられ、この中では学習塾が一般的です。
学習塾はその教育内容に対する情報や教育方法が充実していて、一般的に子供を教育させるには安心ができます。
一方、学習塾は生徒の平均を取って教えることになり易く、生徒の個性を伸ばすことより試験の点数を上げることに重点が置かれます。

この手段は、試験の点数を上げるということに割り切って考えればとても有効な手段です。
また、通信教育等テスト形式で添削を行い、生徒の成績を上げる方法もあります。

この方法は生徒の自立がないと続かないので、ある程度の成績以上の高学年に適しています。
大手の教育関連企業が行うことが多く、教育方法等の優れた情報を持って実践しています。

しかし、教育が一方通行になり易く、よほど生徒がしっかりしていないと挫折することも少なくありません。
うまく生徒とかみ合えば、学習面だけでなく精神面でも生徒は大きな成長が期待できます。

家庭教師は学習塾と通信教育との中間をなすもので、両方の良いところを合わせ持っています。
ただし個人の持つ情報面の弱さは避けがたく、この面だけは不安が残ります。

しかし、個別指導が受けられる恩恵は大きく、学習面の向上だけでなく人として成長していくための何かを沢山学べることが期待できます。

教師の情報不足を少しでも補うためには、学生アルバイト等の教師を選択するより、企業が派遣する教師を選ぶことが重要です。
そうすれば教育情報も得られ、きめ細かい個別指導が受けられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ