家庭教師のトライではどのような教育がなされているのか

アルプスの少女ハイジのCMでおなじみの家庭教師のトライは、教育にお金をかける保護者が増え、教育業界の競争が激化している今、この会社はどのような教育、戦略を用いているのでしょうか。
まずトライが謳っている点としては「プロ家庭教師」というものが挙げられます。
生徒一人一人にあった高いレベルの指導が出来るということで、プロ家庭教師採用の際の厳しい基準により実現しています。

東大生タレントの八田亜矢子さんがこちらで働いていた事は有名な話で、学歴などにもこだわっています。

また、派遣する教師だけではなく、本部からのサポート体制としてオーダーメイドで教育プランを設計する教育プランナーを置いているという事や、本部の教育情報センターからのサポート、また、返金や教師の交代に応じたり、保護者の目の届くところで指導を行うという安全システムについても宣伝として挙げられています。

また、トライが行う珍しいサービスとして、社会人への家庭教師の派遣があります。

普通これらの会社が指導を行うのは小学生や中学生、そして高校生が一般的で、この会社ももちろんこれらの層を対象に指導を行なっていますが、トライでは社会人を指導するという特徴的なサービスを採用しています。

これは、社会人が英検や漢検のような資格を取得するのをサポートするシステムで、時間のない社会人が効率的に勉強ができるよう、学生のころに習って忘れてしまった知識などから丁寧に指導していくものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ