苦戦する科目「英語」、家庭教師を利用して成績向上を目指す方法とは

家庭教師とは、主に小学生から高校生などに対して、家庭で勉強を教える教師のことです。
学習塾などと同じく、学校の授業についていけない部分を補ったり、受験勉強への対策として、志望校に合格させるために頼むことが多いものです。
大学生や社会人が学業や本業の傍らにアルバイトで行う場合もあれば、職業として専業のプロ教師として就業している場合もあります。

マイペースな子供や、かなり学習の遅れがあるという子供には、集団塾での指導を受けても学習ペースが合わず、少しも理解が出来ずに成果が現れません。

すると、それが不安や自信喪失につながる場合があり、成績向上の効果はあまり期待できないケースがあり、近年、個別指導の宣伝文句を掲げた塾も増えていますが、実際は、先生1人に対して複数の生徒という構図が多いのが現状です。

本当に生徒対先生の個別で指導を受けるには、家庭での指導が一番有効な選択手段であると言え、子供にもそれぞれの性格や特性、さらに現在の学習状況などがあり、一人ひとりの指導内容も異なります。

これを、集団学習や複数対1人の先生の指導の下で全ての子供に対応させるのはとても難しいです。
その子だけの指導を望むなら、やはり家庭教師に勝るものはありません。

英語は、5科目の中でも苦戦する生徒が多い科目です。

英単語を覚えるだけでなく、文法やアクセントなども重要となり、英文の読解はもちろん、リスニングなど英語の聞き取りから、何が言いたいのかを瞬時に考え、そして書き取りを行うという大変な作業があります。

家庭教師の場合、丁寧に子供に合わせた指導が可能となり、試験によく出るポイントや基礎的な文法、応用的な文法を学び、英語を読み書きできる能力をゆっくりと学ぶことが出来るので、その結果、集団学習のような遅れや不安感から解消され、成績も向上するでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ