新潟の家庭教師の需要と評価はどのようになっているか

近年少子化が進み、人口の減少が叫ばれています。
2010年の統計では、一人っ子の割合は2002年の8.9%に対し15.9%と、79%も増加しています。
そのような背景もあり、子供に対する習い事や学力アップのための教育が盛んになっている傾向があり、このあたりは、お隣の中国での一人っ子政策のおける教育傾向と似ているところがあります。

全国どこの県や市町村でも過疎化が進んでいますが、子供人口が皆無でなければ家庭教師という職業が存在し、教育の一旦を担っています。
家庭教師は、学力アップの方法としては学習塾と並んで認知度が高いです。

主要都市でいえば、首都東京及びその近辺、中部では名古屋を中心とした愛知県、関西では大阪、九州では福岡といったところで家庭教師の需要は非常に高く、北陸地方の主要都市というと新潟、金沢、福井といった都市になります。

では、旧制六医科大学をルーツに持つ新潟大学を擁する新潟市では、どのような家庭教師の需要があり、どのような評価がされているのでしょうか。

現在主流になっているのは、企業が各家庭に教師を派遣する形です。
代表的なのがトライ、LNSといった企業で、これらの企業は全国展開しているので大きな規模とシェアを持っています。

そのため、教師の指導レベルやコミュニケーション能力や人間性など、ある一定ライン以上評価された人材がそろっており、雇う各家庭にとっても、個人契約よりも企業で評価された教師という安心と信用があります。

こうした企業の需要は新潟でもあり、一定の評価がされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ