不登校学生と家庭教師の関係はどのようなものか

不登校学生と家庭教師の関係はどのようなものなのでしょうか。
そもそも、不登校になった原因がどこにあるか、そこに関係があります。
不登校になった原因が学力にあり、学校の授業についていけないことに原因があるのであれば話は簡単です。
自分にあう家庭教師を探して、自分にあった授業を家庭教師に習えばいいのです。

学校の先生だけが先生ではありませんし、学校の授業だけが授業ではありません。
自分にあった先生と、自分にあった授業を見つければよく、諦めずに探せば必ず見つかります。

自分にあった学習をすることによって、もちろん、学力向上も望めます。
しかし、目的は単なる学力向上だけではありません。

学力向上によって、今までわからなかったことがわかるという喜びを味わうことができます。
このことにより、自分自身に自信が持てるようになります。

自信が持てれば、知りたいという欲求が次々出てきて、向上心が湧いてくるでしょう。
また、先生といい関係が築けることによって 、今まで自分に無かった新しい人間関係が生まれます。

自分だけの殻にこもっていたさみしい世界から新しい世界へ視野が広がるのです。
そして、新しい世界が広がることによって、今まで気づかなかった世界に興味が湧くかもしれません。

あるいは、気づいていたけど気づかないふりをしていた世界に、足を踏み入れようという勇気が湧くかもしれません。
とにかく、新しいものに触れさせることが大事なのだと言えます。

学校だけの世界に捉われない、幅広い視野が周りの人間にも必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ