山形県の家庭教師需要減少問題への新たな取り組みについて

東北地方での家庭教師の需要について調査アンケートを行なったところ、山形県が最下位という結果がでました。
この結果の要因としては、県内の高校の定員が大きく関係していると考えられています。
現在は、日本全土で少子化が進んでいます。
他の都道府県も同様ではありますが、山形県は20年前と比べて著しく進んでおり、それに伴って学校数の減少も進み、特に私立高校は存続が危ぶまれている学校が多数あります。

必然的に偏差値の幅を広くし、定員割れを防ごうとする学校が増えていて、奨学金や優遇制度も増え、公立高校より安く進学できる私立高校もあるほどです。

こうした状況により、家庭で学習して学力をあげ、偏差値の高い高校に入れるという必要がなくなってきています。
競争率低下により、家庭教師の需要というものがなくなってきているのです。

また、学習塾も同様に減少を続け、大手の予備校が都市部のみの展開になり、ある地域では学習する場所がないという状況にもなっています。

競争率低下と学習の場の減少により、学力の地域格差が激しくなるという悪循環となっているのです。
こうした現状を危惧した山形県家庭教師会が、県下の需要増加と普及を目指して、個人経営学習塾と提携をすすめることを発表しました。

今までは、学習塾では教師1人に対して複数の生徒というスタイルが当たり前でしたが、生徒の学力やニーズに合わせて、個々の対応をしていこうという新しいスタイルを進めようとしているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ