進学塾(サピックス)と家庭教師の長所と欠点

サピックスは代々木ゼミナールグループの進学塾で、中学受験から大学受験までをサポートしています。
大手予備校が行う授業やテストは質が高く、ここに通う生徒はそれなりに経済的余裕がある家庭の子供が多いです。
つまり、切磋琢磨できる優秀な仲間に囲まれて成績を伸ばすことができるということです、有名国公立・私立中学を受験する人はもちろん、小学生からこのような進学塾に通います。

最近の進学塾は、少人数授業や個別指導を売りにするところが多く、他に習い事を並行してやっていても、生徒個人に合わせた授業計画が立てられることができ便利です。

ただし、教科担当教員をこちらから選ぶことは難しいでしょう。
つまり、各個人のレベルに合わせた授業でも「相性」で先生の変更ができないということです。

一方で、家庭教師は主に大学生が行なっており、自宅で勉強を教える形態のため、塾のように通う必要がない、つまり、時間の節約といった利点があります。

また、その先生の得意科目や教え方などの「相性」で先生自体を選ぶことができる点が魅力的です。
特に、目指す大学や高校が決まっている場合、先生の登録数が多い家庭教師グループでは、その学校の出身の人を指定することもできます。

ただし、進学塾のようなテストや模試などはできないため、自分の成績でどのレベルの学校が目指せるかは別の方法で常に把握しておく必要があります。

また、時間当たりの単価として考えると塾と比べて金銭的負担が大きくなりやすい傾向にあります。

進学塾に通うか家庭教師を呼ぶかは、それぞれに利点と欠点があるので、結局、どちらにするかは生徒と先生との「相性」が重要で、それが成績の伸びに直結します。

どちらにするか悩んでいる場合、金銭的余裕があれば教科別に両方とも試してみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ