家庭教師の先生に求められる事

家庭教師になる為に明確な資格は必要ありません。
今は勉強だけでなく、ピアノ、サッカー、水泳の他に、運動会前に速く走るコツを教えたりと様々な家庭教師がいます。
普通のバイトより時給が良いので、大学生がアルバイトとして働く場合もありますし、プロと呼ばれる先生もいます。

プロの教師陣は、学習であれば子供が受験に合格する為や、成績を上げる為の教師です。
また、社会人の先生や高校生が小学生相手に教える事もあります。

ピアノやサッカーなどは手本を見せて教える事が出来れば問題はないですが、勉強だとそうもいかないので、一般的には家庭教師を依頼する事になります。

学校での勉強の遅れが出ない様にする為の予習復習に力を入れたり、大学受験や難関高校受験の為に先生も高度な受験問題を解けなければならないでしょう。

そのため、募集の項目にも大学在学中、大学卒短大卒、または同等の能力がある事など、有名な大学出身の場合の方が有利と言えます。
そして、子供に家庭教師をつけたいと考えているなら、子供と同じ目線になって向き合い勉強に意欲を出させてくれる先生が良いでしょう。

人間性や責任感、教える事が好きである事が重要となってきます。

更に、保護者とも密接な関係を結ばなければならないのでコミニュケーション力があれば尚良く、このように見ていくと、家庭教師はとてもハードルの高い職業に感じてしまうかもしれせんが、子供が好きである、そしてやる気があればとてもやりがいのある仕事です。

そして、子供達と共に自分も人間性が磨かれ成長出来る仕事と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ