家庭教師の個人契約と会社派遣について

家庭教師といえば、一般的には塾などに派遣登録する事になりますが、個人契約があるというのをご存知でしょうか。
最大の違いは、派遣登録の場合、企業がスケジュールの空いている先生を選抜し派遣しますが、個人契約の場合では生徒側が先生を選ぶ事が出来るという点で大きく異なります。
個人契約では、複数の先生を自身の納得がいくまで面接し、自分の子供に合った先生を選ぶ事が可能です。

個人との契約は全てが自己責任なので、トラブルはお互いで解決する必要がありますが、納得のいくまで面接を行った分、辞めてもらう時には話しにくい点などを総合的に考えて契約する必要があります。

次に教師側から見たメリットは、中間マージンが無いため派遣に比べて時給が高いことです。

また、個人契約の場合は「教師募集掲示板」などで自ら生徒を探す事が出来ますし、自身の探した生徒の成績に対し責任が増える分、やりがいも増します。

教師側も生徒側と同じ様に、自己責任でトラブルは互いに解決する必要がある事や、辞めにくいという事があり、また、会社からの紹介もなく、自分で生徒を探す必要があるので生徒探しに時間がかかる場合もあります。

家庭教師は、どこかに登録している先生の場合も、個人契約の先生の場合も、どちらも生徒になる子供との相性を考えて選ぶ事が重要です。
まずはサイトなどで経験談をチェックしたり、家庭教師を雇っていた先輩方の情報を聞いてみると選ぶ前の参考になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ