塾と家庭教師の良いところについて

子供の受験対策や学校の勉強の遅れを取り戻す為に、塾に行かせるか、家庭教師をお願いするかで悩む所です。
塾は集団か個別の二通りありますが、集団の場合のメリットとして、競い合える同じ目標をもった友達がいることや勉強をする習慣が身に付くこと、学校の授業よりも早いペースで学べること、授業でわからなかった所の復習が出来ること、受験の情報が豊富にあり入りたい学校の試験の傾向や対策に素早く対処してることが挙げられます。

しかし、カリキュラムが組まれているので、休んでしまうと人より遅れてしまうことがあります。
個別指導では、一人一人の学習能力に応じてカリキュラムが組まれ、勉強が進みます。

集団で勉強するのが苦手な子やついていけない子、集団の日では部活や他の活動をしているので都合が合わない子、じっくり学びたい子などが個別を選択しています。

生徒が何人かいてブースに一人で座り、先生が一人で一対一ではなく一対二、一対三だったりする所もあります。

では、塾の個別指導と家庭教師は何が違うのか、個別でもしっかりと一対一で教えてくれるなら変わらない気がしますが、家庭教師は確実に一対一での学習スタイルで、自宅での学習なので先生に相談しやすく、保護者と直接会う機会も増えるので良い関係が結べます。

ライバルが今どのレベルにいるのかは分かりにくいですが、このように塾や家庭教師にもそれぞれメリットとデメリットがあるので子供に合う方法を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ