札幌で選ばれる家庭教師の魅力について

以前は家庭教師を付けて勉強していると言うと、難関校を受験する裕福な家庭の子供が多いイメージがありましたが、最近はごく一般的な家庭の子供でも取り入れています。
塾通いは夜遅くなる事が多く、暗い帰り道が心配で親が迎えに行くなど家族への負担も多くなります。
特に札幌の様な寒い雪国では、大雪でも吹雪でも関係なく外出しますので、その点では、自宅まで教師が来てくれる事は大変ありがたいでしょう。

最近はどの地域でも派遣会社を利用して探すのが主流であり、専門スタッフのケアが充実しているので安心です。

北大家庭教師センターでは、その名の通り教師の9割が優秀な北海道大学の学生であるのが特徴で、そして珍しい制度がダブルティーチャー制で、学習面に教師、メンタル面のフォローに本部スタッフ、合計二名の教師が共に目標を目指すことで万全のサポート体制が実現します。

さらに、塾機能を取り入れたテスト対策など、教室への通学オプションも充実しています。

そして、家庭教師のファミリーは、入会金や教材費の支払いが無く、月謝以外は0円というフレーズを武器に料金体系を明確にすることで家庭教師は高額という印象を持つ世帯から好評です。

出来るまで何度もやる反復学習も、身に付く勉強方法として高い評価を得ています。

勉強は優秀な教師との出会い以上に本人のやる気が大変重要なので、興味がある人はやる気があるうちに資料請求や問い合わせなどをして、親子でじっくり話し合うことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ