家庭教師の時給について

12月に入ると受験シーズンが本番に突入し、受験生は学校の試験や塾の冬期講習など勉強も追い込みに入ります。
家庭教師も忙しくなる時期で、特別授業や休日の授業など学習指導に余念がありません。
気になる家庭教師の時給ですが、現在在学している大学によって料金に違いがあり、国立大学や有名私立大学に在学する講師は比較的時給が高めの設定になっていることが多く、特に東大生は群を抜いて高めの設定がされており、紹介会社や派遣会社によって違いはあるものの、概ね1時間当たりの指導料が3,500円程と言われています。

中でも医学部に在学中である場合には、1時間当たり7,000円というのも珍しくありません。

時期や季節によっても指導料に違いがあり、学校で行われる定期試験間近や受験シーズンなどは、時間延長や指導回数が増えることも多くなります。
これは教わる側にとっては支出の増える時期となりますが、指導にあたる大学生講師にとっては収入を増やすチャンスです。

最近では、1コマ30分ではありますが指導料が1,000円という会社も出て来ており、1時間あたり2,000円程で、料金面だけを考えるのであれば割安感が魅力となっています。

また、学生の講師に関しては大学の学生課などで直接紹介してもらえれば、入会金などの費用がかかりませんので費用を抑えたい方にお勧めです。

指導料やここから支払われる時給に関しては、在籍している大学によって変わる傾向にありますが、依頼する時には生徒との相性なども重要になるので、体験制度などを活用してから決めると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ