小学生の家庭教師になるために必要な資格とは

ゆとり教育が終了した現在、小中学校の授業内容は難しくなったと言われており、一人一人の学力にどんどん差が生じていると言われています。
家庭教師と言えば、少し前の時代では金銭的に余裕のある家庭が雇うというイメージも多くありましたが、現代では普通の一般家庭でも利用するのは珍しい事ではありません。
利用する家庭は増えているのに入れ替わりが多い職業であるため需要が高く、多くの会社で正社員やアルバイトを募っています。

一対一のマンツーマン指導が基本なので、先生の腕や能力が直接生徒に影響し、結果も目に見えて分かるのでやり甲斐のある仕事と言えます。

小学生の家庭教師になるためには資格は必要無く、各社の応募資格を見てみると、「現役の学生」である事か「大卒の社会人」である事と記載されている事が一般的です。

現役の学生というのは必ずしも4年制大学という訳ではなく、主に「高等専門学校生」や「短期大学生」、「大学生」を指しています。
大卒という事で気を付けたいのが、卒業をきちんとしている事という条件になりますので、これについては注意が必要です。

小学生の勉強で必要な事は、勉強を「教える」というより「学ぼうとする気持ちを持たせる」という事で、勉強が楽しくなれば苦手ではなくなり、苦手が克服出来れば得意になり、自分から積極的に学ぼうとする気持ちになります。

近年では、国語や算数、理科、社会、英語などの他にも、音楽や書道などの先生を募集している所もありますので、自分に合った条件を探してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ