家庭教師に必要な資格について

大学生の効率の良いアルバイトとして、家庭教師があります。
高給な時間給である点と、簡単に見えて実は難しい「他人に解りやすく教える経験」が出来る点が、学生にとってこの仕事の最大のメリットと言えるでしょう。
主に大学生が多く携わっている仕事ですが、職業として専業で携わっている方も多くいます。

家庭での学習を行う為の教師ですが、明確に法律で定められたものでは無く、学校の教員とは違い国家資格などは必要ありませんが、ある程度の学力は必要です。

各教科のマニュアルなどはありますが、やはり偏差値は高ければ高い方が採用する側から見ても好印象と言えます。

とは言え、有名大学の学生だからといってすぐに採用されるものではなく、教える人間として相応しい人物かをみる面接や学力検査などを行い、その基準にパスしなければ採用しないといった点からも、学力を大変重要視しているのがうかがえます。

現在では、子供達の為の家庭教師だけではなく、大人の為の家庭教師も派遣されています。
趣味やスポーツをはじめ、語学を学びたい方や資格を取りたい方の為に、家庭で個別指導を行うシステムです。

こういったものを教える教師でも、国家資格やTOEICの点数などは必要ありませんが、取得していれば生徒が持つ信用度アップに繋がるのではないでしょうか。

キャリアや資格などは持っていることに越したことはありませんが、何よりも重要なことは教える人間としての資質とコミニュケーション能力です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:家庭教師

このページの先頭へ